「流されゆく日々3」五木寛之著

公開日: 更新日:

■英雄のわがままを認めない日本社会

 日刊ゲンダイ本紙で1975年から続くデーリー・エッセーの文庫化。3巻となる本書には77年後半分を収録する。

 同年9月3日の王貞治によるホームラン世界記録達成の話題で書き出した章では、「王選手は偉大だな、と思う反面、かわいそうだな、という気持ちを押さえることができない」と英雄の今後を憂う。

 なぜなら、世の中は英雄に対して、その人間のわがままを認めるような自由な社会ではないからだと。その他、喫茶店や映画館に足を運ぶことがデラックスで豊かな気分にさせてくれた学生時代の思い出、イランや北海道などの旅先での雑感など。芸術から風俗にいたるまで琴線に触れた日々の思いをつづる。
(双葉社 620円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    遅すぎた対応…東京五輪本番に“感染パニック”襲来の危機

  5. 5

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  6. 6

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  9. 9

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  10. 10

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る