「流されゆく日々3」五木寛之著

公開日:  更新日:

■英雄のわがままを認めない日本社会

 日刊ゲンダイ本紙で1975年から続くデーリー・エッセーの文庫化。3巻となる本書には77年後半分を収録する。

 同年9月3日の王貞治によるホームラン世界記録達成の話題で書き出した章では、「王選手は偉大だな、と思う反面、かわいそうだな、という気持ちを押さえることができない」と英雄の今後を憂う。

 なぜなら、世の中は英雄に対して、その人間のわがままを認めるような自由な社会ではないからだと。その他、喫茶店や映画館に足を運ぶことがデラックスで豊かな気分にさせてくれた学生時代の思い出、イランや北海道などの旅先での雑感など。芸術から風俗にいたるまで琴線に触れた日々の思いをつづる。
(双葉社 620円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    フランスの次は日本…トランプ恫喝で防衛費20兆円へ一直線

  9. 9

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  10. 10

    インスタで稼ぎ両親に家 タイ12歳“スーパー女装子”大人気

もっと見る