「あしあと」勝目梓著

公開日:  更新日:

■性行為の最中に創作のヒントがひらめき

 会社勤務のかたわらミステリー小説を発表する兼業作家の高橋は、妻の史子から聞いた夢の話をヒントに作品を書いたところ好評だったため、以来、史子の夢に頼って執筆をつづけていた。史子は性行為の最中、強いエクスタシーを得たときだけ予感めいたひらめきを得るのだ。実際に、数々の事件事故を予見したこともあった。しかし、そのひらめきをもたらすエクスタシーがいつ来るのかは2人にも分からない。締め切りが刻々と迫る中、ある夜、高橋はセックスを終えた史子からいつものパソコンではなく万年筆で小説を書くよう勧められる。(「万年筆」)

 作家生活40周年となる著者の到達点ともいえる官能性に満ちた短編作品集。
(文藝春秋 1700円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る