• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「あしあと」勝目梓著

■性行為の最中に創作のヒントがひらめき

 会社勤務のかたわらミステリー小説を発表する兼業作家の高橋は、妻の史子から聞いた夢の話をヒントに作品を書いたところ好評だったため、以来、史子の夢に頼って執筆をつづけていた。史子は性行為の最中、強いエクスタシーを得たときだけ予感めいたひらめきを得るのだ。実際に、数々の事件事故を予見したこともあった。しかし、そのひらめきをもたらすエクスタシーがいつ来るのかは2人にも分からない。締め切りが刻々と迫る中、ある夜、高橋はセックスを終えた史子からいつものパソコンではなく万年筆で小説を書くよう勧められる。(「万年筆」)

 作家生活40周年となる著者の到達点ともいえる官能性に満ちた短編作品集。
(文藝春秋 1700円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る