「あしあと」勝目梓著

公開日: 更新日:

■性行為の最中に創作のヒントがひらめき

 会社勤務のかたわらミステリー小説を発表する兼業作家の高橋は、妻の史子から聞いた夢の話をヒントに作品を書いたところ好評だったため、以来、史子の夢に頼って執筆をつづけていた。史子は性行為の最中、強いエクスタシーを得たときだけ予感めいたひらめきを得るのだ。実際に、数々の事件事故を予見したこともあった。しかし、そのひらめきをもたらすエクスタシーがいつ来るのかは2人にも分からない。締め切りが刻々と迫る中、ある夜、高橋はセックスを終えた史子からいつものパソコンではなく万年筆で小説を書くよう勧められる。(「万年筆」)

 作家生活40周年となる著者の到達点ともいえる官能性に満ちた短編作品集。
(文藝春秋 1700円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る