「それでも猫は出かけていく」ハルノ宵子著

公開日: 更新日:

猫の介護の全てが分かるコミックエッセー

 父は思想家で詩人の吉本隆明、妹は作家のよしもとばななという文学一家の著者。

 8年前に吉本家にやってきた捨て猫の「シロミ」は、馬尾神経症候群という障害を持ち、排泄のコントロールができない猫だった。

「オレも尿モレだから捨てろとは言えないなぁ」という父の一言でシロミを飼うことになるが、やがて父と母の介護も始まり、猫の世話とあわせて大忙しの日々を送ることになる。

 猫のオシッコの臭い対策やペット用おむつの上手な着け方、投薬の方法など、病気や高齢の猫とともに生きる際に役立つ情報が満載の本書。ペットの死という重いテーマも扱いながら、漫画家である著者のイラストによってユーモアも交えながら描かれていく。
(幻冬舎 1500円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  8. 8

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  9. 9

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る