「病の起源、うつ病と心臓病」NHK取材班著

公開日:  更新日:

 昨年放送された「NHKスペシャル」の書籍化。世界の患者数3億5000万人といわれるうつ病と、世界の死因トップである心臓病について、根源となる原因を探っていく。
 太古の人類が天敵の猛獣から身を守るために進化させたのが、脳の扁桃体。危険の回避策を編み出すためには、扁桃体を激しく活動させ、“恐怖の経験”を記憶として積み重ねることが不可欠だった。しかし、現代ではこの働きは生存に有利なことばかりではなく、心の傷やトラウマを生じさせる。つまり、強化された扁桃体の機能の暴走が、うつ病の根源であると本書はいう。
 また、心臓病は重力に逆らった血流をもたらす直立二足歩行を獲得した人間の宿命とし、その予防方法なども解説していく。
(宝島社 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

もっと見る