「病の起源、うつ病と心臓病」NHK取材班著

公開日:  更新日:

 昨年放送された「NHKスペシャル」の書籍化。世界の患者数3億5000万人といわれるうつ病と、世界の死因トップである心臓病について、根源となる原因を探っていく。
 太古の人類が天敵の猛獣から身を守るために進化させたのが、脳の扁桃体。危険の回避策を編み出すためには、扁桃体を激しく活動させ、“恐怖の経験”を記憶として積み重ねることが不可欠だった。しかし、現代ではこの働きは生存に有利なことばかりではなく、心の傷やトラウマを生じさせる。つまり、強化された扁桃体の機能の暴走が、うつ病の根源であると本書はいう。
 また、心臓病は重力に逆らった血流をもたらす直立二足歩行を獲得した人間の宿命とし、その予防方法なども解説していく。
(宝島社 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る