• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ケモノの城」誉田哲也著

■心の底に潜む闇の奥深さに迫った問題作

ある夏の日、警視庁町田警察署に若い女性から身柄保護を求める110番通報があった。女性の足の指には爪が1枚もなく、全身にも傷ややけどの痕が見られた。女性の名前は香田麻耶、17歳。近所のマンションに閉じ込められヨシオという男とアツコという女に暴行を受けていたが、隙を見て逃げ出してきたという。マンションにヨシオの姿はなく、残っていたアツコを逮捕したが彼女もまた暴行を受けていた。

 事情聴取によって、ヨシオは麻耶の父親から金を引き出させようとアツコと麻耶に暴行を命じ死なせてしまい、死体の処理も2人にやらせていたことがわかった。これだけでも十分に陰惨な事件だが、マンションの風呂場から新たに5人分の血痕が発見され、そのうち4人が血縁関係にあることが判明したことで、事件は尋常ならざる異様なものへと変貌していく……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る