• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ケモノの城」誉田哲也著

■心の底に潜む闇の奥深さに迫った問題作

ある夏の日、警視庁町田警察署に若い女性から身柄保護を求める110番通報があった。女性の足の指には爪が1枚もなく、全身にも傷ややけどの痕が見られた。女性の名前は香田麻耶、17歳。近所のマンションに閉じ込められヨシオという男とアツコという女に暴行を受けていたが、隙を見て逃げ出してきたという。マンションにヨシオの姿はなく、残っていたアツコを逮捕したが彼女もまた暴行を受けていた。

 事情聴取によって、ヨシオは麻耶の父親から金を引き出させようとアツコと麻耶に暴行を命じ死なせてしまい、死体の処理も2人にやらせていたことがわかった。これだけでも十分に陰惨な事件だが、マンションの風呂場から新たに5人分の血痕が発見され、そのうち4人が血縁関係にあることが判明したことで、事件は尋常ならざる異様なものへと変貌していく……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る