「ビデオは語る 福島原発 緊迫の3日間」東京新聞原発取材班編

公開日: 更新日:

 福島第1原発の事故から約1年半が経った2012年8月、東電は本店と現地の対策本部を結んだテレビ会議のビデオ映像を公開した。全部でおよそ150時間、その3分の1は音声も付いていた。その間に3号機が水素爆発し、2号機も急速に状態悪化したのである。ビデオの視聴は報道関係者だけに限定された。国、大株主の東京都、報道関係者はより広い公開を求めたが、東電が拒んだ。

 一般向けの抜粋版は公開されたが、これはあまりに短く、情報も不十分。報道機関に対してもコピーは一切許さず、限られた場で見るだけだった。報道各社の中にはアルバイト学生に任せて文字起こしさせただけのところもあったという。しかし東京新聞では10人の記者を投入し、手分けして音声を文字起こしし、記事にした。それが同紙ならではの積極的な原発報道の背景になったのだ。B5判350ページにのぼる膨大な記録は、これこそ後世が最も必要とする生の記録だ。東電会長はこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  2. 2

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  3. 3

    NGT48崩壊の足音 “山口真帆派”高沢&渡邉が活動辞退を表明

  4. 4

    離婚で女性の敵に…ビートたけしを待ち受けるイバラの道

  5. 5

    安倍首相「他の制度示した人いない」年金議論ガン無視発言

  6. 6

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    八村塁もいずれは大富豪 NBA選手の副収入が“ハンパない”

  9. 9

    日ハム輝星は3回5失点KOでも…中日打者から相次ぐ称賛の声

  10. 10

    ドラマ内定情報も 山口真帆“リベンジの狼煙”早くも上がる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る