「ビデオは語る 福島原発 緊迫の3日間」東京新聞原発取材班編

公開日: 更新日:

 福島第1原発の事故から約1年半が経った2012年8月、東電は本店と現地の対策本部を結んだテレビ会議のビデオ映像を公開した。全部でおよそ150時間、その3分の1は音声も付いていた。その間に3号機が水素爆発し、2号機も急速に状態悪化したのである。ビデオの視聴は報道関係者だけに限定された。国、大株主の東京都、報道関係者はより広い公開を求めたが、東電が拒んだ。

 一般向けの抜粋版は公開されたが、これはあまりに短く、情報も不十分。報道機関に対してもコピーは一切許さず、限られた場で見るだけだった。報道各社の中にはアルバイト学生に任せて文字起こしさせただけのところもあったという。しかし東京新聞では10人の記者を投入し、手分けして音声を文字起こしし、記事にした。それが同紙ならではの積極的な原発報道の背景になったのだ。B5判350ページにのぼる膨大な記録は、これこそ後世が最も必要とする生の記録だ。東電会長はこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  10. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  11. 10

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

もっと見る