「ビデオは語る 福島原発 緊迫の3日間」東京新聞原発取材班編

公開日:  更新日:

 福島第1原発の事故から約1年半が経った2012年8月、東電は本店と現地の対策本部を結んだテレビ会議のビデオ映像を公開した。全部でおよそ150時間、その3分の1は音声も付いていた。その間に3号機が水素爆発し、2号機も急速に状態悪化したのである。ビデオの視聴は報道関係者だけに限定された。国、大株主の東京都、報道関係者はより広い公開を求めたが、東電が拒んだ。

 一般向けの抜粋版は公開されたが、これはあまりに短く、情報も不十分。報道機関に対してもコピーは一切許さず、限られた場で見るだけだった。報道各社の中にはアルバイト学生に任せて文字起こしさせただけのところもあったという。しかし東京新聞では10人の記者を投入し、手分けして音声を文字起こしし、記事にした。それが同紙ならではの積極的な原発報道の背景になったのだ。B5判350ページにのぼる膨大な記録は、これこそ後世が最も必要とする生の記録だ。東電会長はこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る