「娼婦たちから見た日本」八木澤高明氏

公開日: 更新日:

 神奈川県横浜黄金町、三重県渡鹿野島、沖縄県真栄原。かつては「ちょんの間」と呼ばれる売春施設が立ち並び、周囲の飲食店や商店は栄え、活気づく色街だったが、今は見る影もない、廃虚と化した街もある。

「色街の浄化運動って、行政からするとわかりやすい点数稼ぎなんですよ。そもそもの発端は新宿・歌舞伎町の浄化作戦。あれが浄化ブームのような形で全国に飛び火し、横浜も沖縄も潰れました。お上の意思だけで、街が消されるのはどうかと思うんですよね。色街はひとつの文化ですし、浄化という言葉には傲慢さと違和感を覚えるんです」

 2001年から黄金町の取材を始め、全国の色街や元・色街を回った。

「もともとは街に立つ娼婦を見て、なぜここに流れ着いたのか興味がありました。古くは明治時代に国策として日本から海外へ渡った“からゆきさん”、バブル期に東南アジアから日本に来た“じゃぱゆきさん”など、娼婦の歴史は世界の経済情勢や社会構造ともリンクしますから。年齢も国籍も多様な娼婦の背景を知ることで、今の日本や日本人の本当の姿が見えるかなと。色街も娼婦も人と金の集まる場所に流れ着くのが常ですからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  2. 2

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

  6. 6

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  7. 7

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  8. 8

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

  9. 9

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  10. 10

    上場を目指す企業が入居ビルを適当に選んではいけない理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る