「娼婦たちから見た日本」八木澤高明氏

公開日: 更新日:

 日本だけでなく、東南アジアや南米を訪れ、娼婦たちの取材を続けた。

「日本人の夫が青森県住宅公社から約12億円横領して話題になったチリ人の元娼婦・アニータにも取材しました。悪女と呼ばれていますが、家族のために売春をいとわず日本に来たじゃぱゆきさんの数少ない成功者です。泥沼の貧困から抜け出したたくましさ、家族との絆の深さや優しさは昔の日本人の姿、心の原風景のようなものと重なるのでしょう。貢ぐ男はそこに引かれるのかもしれません」

 もちろん取材のために自ら買うこともある。

「買わないと見えないこともあるし、外国人娼婦と長く付き合って一緒に住んだこともあります。宗教心からくる売春に対する罪悪感とか、生活を共にして初めて見えたこともありました。日本人娼婦にはこういう罪悪感があまりなく、もっとビジネス感覚。ある意味、自分自身を見たような気がします。多くの日本人同様、僕自身も宗教心はほとんどないですから。いずれにしても、どんなに摘発しようと結局は売春はなくならないし、娼婦もいなくならない。何も変わらないんですよね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  2. 2
    独のアウトバーンで時速416キロ記録! ベルリン運輸省は激オコ声明を発表

    独のアウトバーンで時速416キロ記録! ベルリン運輸省は激オコ声明を発表

  3. 3
    先輩・中尾ミエが後輩・小柳ルミ子を「挨拶もできない」コテンパン…2人の本当の仲は?

    先輩・中尾ミエが後輩・小柳ルミ子を「挨拶もできない」コテンパン…2人の本当の仲は?

  4. 4
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

  5. 5
    マンション管理員の定説「元学校の先生、元警察官、元お役人は向かない」

    マンション管理員の定説「元学校の先生、元警察官、元お役人は向かない」

もっと見る

  1. 6
    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

  2. 7
    日テレ桝太一アナ電撃退社の真相 全番組降板のはずが「バンキシャ!」だけ継続するワケ

    日テレ桝太一アナ電撃退社の真相 全番組降板のはずが「バンキシャ!」だけ継続するワケ

  3. 8
    モラハラ疑惑の体操・内村航平もトリガーに?「偏食」離婚は意外と根深い

    モラハラ疑惑の体操・内村航平もトリガーに?「偏食」離婚は意外と根深い

  4. 9
    内村航平“モラハラ報道”に実母が反撃 妻側の「リーク」があったと泥仕合の様相

    内村航平“モラハラ報道”に実母が反撃 妻側の「リーク」があったと泥仕合の様相

  5. 10
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

人気キーワード