日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ニッポン景観論」アレックス・カー著

 1964年、父親の赴任先だった日本に降り立って以来、半世紀にわたって日本の変化を見つめ続けてきた氏が、国内各地で撮影した景観破壊の現実を紹介しながら、その国家的損失を指摘するビジュアルリポート。以前、著者が京都で古い町家を改装した宿泊施設を運営していたとき、外国人の旅行者が、頭上に電線が張り巡らされた町を見て、「京都ってインドみたいな所なんですね」と言ったという。

 京都などの観光名所では、敷地内の景観は丁寧に保存されているが、本来、景観は街並み単位で考えるもの。先進国で、電線の埋設が進んでいないのは日本だけだとその無法地帯ぶりにあきれる。さらに建築物に関しては規制するのに、携帯基地局に関しては何も規制がないと、のどかな田園風景を台無しにする携帯基地局や電力会社の巨大な鉄塔などにも言及する。

 続いて、街中にあふれる看板が経済効果を上げるどころかその場の価値を台無しにしている実態を取り上げ、美化をうたう看板自体が町を汚していると手厳しい。確かに、市民グループの要望で由布院の駅前の銀行が看板の高さを低くした例を見ると、その違いは顕著だ。看板ひとつに気を配るだけで、景観はガ然、品格と落ち着きを取り戻す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事