「ストレスが消える『しない』健康法」小林弘幸著

公開日: 更新日:

 上司や部下と衝突してストレスを受けたとき、体の中では自律神経のバランスが乱れ、血液がドロドロになり、脳に十分なブドウ糖が運ばれなくなって感情の制御ができなくなるなどの変化が起こる。こんなとき、「ストレスをためないようポジティブシンキングになろう」なんて言われるが、医師である著者はストレスはメンタルで処理するのではなく、行動からアプローチすることで自律神経を整えるべきだと主張する。

 その方法は実に簡単。例えば、朝食を外食にする。気分が落ち込んでいるときは食欲がなくなるが、あえて外に出かけてしっかりと食べることで、この行動が刺激となり自律神経のバランスが整うという。目からうろこの新しいストレス対処法が分かる。

(KADOKAWA 780円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  2. 2

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  3. 3

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  4. 4

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  5. 5

    公明党の「小池離れ」と「自民優先」で都政は立ち往生必至

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  8. 7

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  9. 8

    また2ショットなし 綾瀬はるか“結婚報道”で私生活の深い謎

  10. 9

    貯蓄額1500万円の家庭が実践する資産を増やす“4つの方法”

  11. 10

    東京女子医大看護師 感染リスク覚悟で対応もボーナスゼロ

もっと見る