「死ぬな」並木秀之著

公開日:  更新日:

 先天性脊髄分裂症という重度障害を持って生まれ、35歳以降は5回ものがんに見舞われた著者は、資産運用のコンサルティング会社を経営し、100社以上の経営破綻処理に携わってきた。その際、「死にたい」と口にする経営者たちに対し、こんな決めぜりふを使っていたという。

「私はこんな体でも生きてるんだから、あんただって生きてみろ!」

 自分の体を武器にするのは、あざとい行為だと本人も認める。しかし、肉体があって生きてさえいれば、あらゆる絶望的な事態や環境も、必ず変わっていくことを知ってほしいと言う。肉体を失うことに比べれば、目の前の問題など“何の問題でもない”。

 本書では、そんな人生論が、自らの壮絶な生涯とともに語られている。

(新潮社 700円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る