• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「福島原発事故 被災者支援政策の欺瞞」日野行介著

 原発事故後の自主避難者や放射線への感受性が高いとされる子どもを救うことを趣旨として作られた「子ども・被災者生活支援法」が、なぜ、どのように骨抜きにされたのかを検証したリポート。

 同法は理念だけを定め、被曝線量の基準や支援対象地域などの中身を決める基本方針の策定は、復興庁に委ねられた。だが、復興庁は成立から1年が経ってもその方針案を明らかにしなかった。そんな中、著者は同庁で被災者支援をしていた官僚が匿名で発信していた暴言ツイッターをスクープ。関係者や現場を取材して、方針案策定を先延ばしにする政府の思惑を明らかにする一方で、被災者支援のあり方を問う。

(岩波書店 780円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る