「福島原発事故 被災者支援政策の欺瞞」日野行介著

公開日: 更新日:

 原発事故後の自主避難者や放射線への感受性が高いとされる子どもを救うことを趣旨として作られた「子ども・被災者生活支援法」が、なぜ、どのように骨抜きにされたのかを検証したリポート。

 同法は理念だけを定め、被曝線量の基準や支援対象地域などの中身を決める基本方針の策定は、復興庁に委ねられた。だが、復興庁は成立から1年が経ってもその方針案を明らかにしなかった。そんな中、著者は同庁で被災者支援をしていた官僚が匿名で発信していた暴言ツイッターをスクープ。関係者や現場を取材して、方針案策定を先延ばしにする政府の思惑を明らかにする一方で、被災者支援のあり方を問う。

(岩波書店 780円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る