「九月、東京の路上で」加藤直樹著

公開日: 更新日:

 関東大震災で集団的な朝鮮人リンチが東京の各地でおこなわれていたことは知られているが、中身や実態はよく知らないという人が多いだろう。本書はそこに丁寧な光を当てる。

 錦糸町で、亀戸で、品川で、当時は草深い田舎だった世田谷で「朝鮮人が毒薬を井戸に流した」などの流言が飛び交い、リンチで負傷殺害された。のちに読売新聞の社主となる正力松太郎は、当時、特高警察のトップとしてこの流言を信じ、惨劇を拡大させながらも、その後は口をぬぐって他人事を決め込んだという。事実を淡々と列記しながらも、新大久保育ちの著者の悲しみと怒りが行間から伝わる。

(ころから 1800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る