「九月、東京の路上で」加藤直樹著

公開日:  更新日:

 関東大震災で集団的な朝鮮人リンチが東京の各地でおこなわれていたことは知られているが、中身や実態はよく知らないという人が多いだろう。本書はそこに丁寧な光を当てる。

 錦糸町で、亀戸で、品川で、当時は草深い田舎だった世田谷で「朝鮮人が毒薬を井戸に流した」などの流言が飛び交い、リンチで負傷殺害された。のちに読売新聞の社主となる正力松太郎は、当時、特高警察のトップとしてこの流言を信じ、惨劇を拡大させながらも、その後は口をぬぐって他人事を決め込んだという。事実を淡々と列記しながらも、新大久保育ちの著者の悲しみと怒りが行間から伝わる。

(ころから 1800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る