「ツタンカーメン死後の奇妙な物語」ジョー・マーチャント著、木村博江訳

公開日: 更新日:

 2010年、エジプトの考古局長ザビ・ハウスを中心としたツタンカーメン王家調査プロジェクトによるCTスキャンやDNA鑑定を駆使した調査結果が発表された。

 そこで注目を浴びたのは意外なツタンカーメン像。勇敢な王とされてきたツタンカーメンは、近親結婚による先天性異常を抱えた虚弱体質の持ち主で、死因はマラリアだったというのだ。

 しかし、最終結論としてディスカバリーチャンネルでも放映されたこのセンセーショナルな内容に異議を唱える科学者たちが続出。果たして、ツタンカーメンの真実はどこにあるのか――。

 本書は、海洋考古学から遺伝子工学に至るまで科学ジャーナリストとして実績のある著者が、ツタンカーメンに関する諸説を2年の歳月をかけて検証した一冊。考古学、遺伝学、人類学、放射線学、解剖学、化学、物理学、病理学、医学、歴史学など幅広い専門家の意見やデータを網羅した読み応えのあるノンフィクションとなっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  3. 3

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  4. 4

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  8. 8

    「Go To トラベル」は存続の危機?観光庁に聞いた30の質問

  9. 9

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  10. 10

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

もっと見る