「ツタンカーメン死後の奇妙な物語」ジョー・マーチャント著、木村博江訳

公開日:  更新日:

 2010年、エジプトの考古局長ザビ・ハウスを中心としたツタンカーメン王家調査プロジェクトによるCTスキャンやDNA鑑定を駆使した調査結果が発表された。

 そこで注目を浴びたのは意外なツタンカーメン像。勇敢な王とされてきたツタンカーメンは、近親結婚による先天性異常を抱えた虚弱体質の持ち主で、死因はマラリアだったというのだ。

 しかし、最終結論としてディスカバリーチャンネルでも放映されたこのセンセーショナルな内容に異議を唱える科学者たちが続出。果たして、ツタンカーメンの真実はどこにあるのか――。

 本書は、海洋考古学から遺伝子工学に至るまで科学ジャーナリストとして実績のある著者が、ツタンカーメンに関する諸説を2年の歳月をかけて検証した一冊。考古学、遺伝学、人類学、放射線学、解剖学、化学、物理学、病理学、医学、歴史学など幅広い専門家の意見やデータを網羅した読み応えのあるノンフィクションとなっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る