「脳と体の疲れをとる仮眠術」西多昌規著

公開日:  更新日:

 GoogleやNIKEなどの有名企業や、NASA、そしてボストン・レッドソックスで活躍する上原浩治投手も取り入れているという積極的仮眠法「パワーナップ」について解説。

 夜に十分な睡眠をとっていたとしても、昼に仮眠の時間を入れることで、午前に活動した分の脳や体の疲れが取れる。さらには、午前に身に付けた技術や知識が増強される効果もあるという。

 パワーナップは、横になって眠ると効果は薄れる。理想の寝方は座ったままの姿勢で、首はガクンとうなだれるのではなく起こした状態を保つことだ。これによって交感神経が刺激され、体も脳も午後に向けて活発に働かせることができるという。

 明日の昼休みから、取り入れてみてはいかが。

(青春出版社 830円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る