「脳と体の疲れをとる仮眠術」西多昌規著

公開日: 更新日:

 GoogleやNIKEなどの有名企業や、NASA、そしてボストン・レッドソックスで活躍する上原浩治投手も取り入れているという積極的仮眠法「パワーナップ」について解説。

 夜に十分な睡眠をとっていたとしても、昼に仮眠の時間を入れることで、午前に活動した分の脳や体の疲れが取れる。さらには、午前に身に付けた技術や知識が増強される効果もあるという。

 パワーナップは、横になって眠ると効果は薄れる。理想の寝方は座ったままの姿勢で、首はガクンとうなだれるのではなく起こした状態を保つことだ。これによって交感神経が刺激され、体も脳も午後に向けて活発に働かせることができるという。

 明日の昼休みから、取り入れてみてはいかが。

(青春出版社 830円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る