• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「やせたければ脂肪をたくさんとりなさい」ジョン・ブリファ著、江部康二・夏井睦監修

 イギリス人医師によるベストセラーを、2人の日本人医師が監修。これまで常識とされてきたダイエット方法の落とし穴を豊富な研究データによって明らかにしている。

 もっとも理想的とされるダイエットはカロリー制限と運動を組み合わせるものだが、これはいくら続けてもやせないというから驚きだ。通常よりも1000キロカロリー少ない食事を1年間続けた研究では、12カ月後に減少した体重は平均2キロ。これに加えて運動を行った人でも、3キロの減少にとどまったという。甲状腺ホルモンが減少するなどして代謝が下がることが原因で、運動で燃やされるカロリーも減少し、やせにくくなるのだ。

 他にも、ダイエットの大敵とされてきた食事の脂肪で、体内の脂肪を燃やす仕組みなども詳述していく。

(朝日新聞出版 1900円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る