ヌードアート本特集

公開日: 更新日:

 過激な無修正ヌードなど、ネットでいくらでも拾える時代だ。これらの大量生産ヌードは興奮材料になるが、どこかむなしく空々しい。そこで勧めたいのが「ヌードアート」。古代から表現され続けてきた裸体には、人間の生臭い色気と毒気があり、妄想力をかき立ててくれる。「この秋は芸術鑑賞」と称して、ヌードアートをじっくり眺めてみよう。

 いにしえの時代から、肉体美の表現という口実で、神話や聖書に登場する女性の裸体が描かれてきた。キリスト教の厳しい性規範が根強く、物語を通して表現するほかなかったからだ。ところが19世紀に入ると、次第に妻や恋人、愛人、娼婦など市井の女性も描かれるようになる。巨匠や奇才と呼ばれる画家たちがこぞってヌードに挑み始めたのだ。

 そんな時代の裸婦像を集め、系統立てて掲載しているのが「美しきヌード絵画の世界」(綜合図書 1500円)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る