ヌードアート本特集

公開日:  更新日:

 過激な無修正ヌードなど、ネットでいくらでも拾える時代だ。これらの大量生産ヌードは興奮材料になるが、どこかむなしく空々しい。そこで勧めたいのが「ヌードアート」。古代から表現され続けてきた裸体には、人間の生臭い色気と毒気があり、妄想力をかき立ててくれる。「この秋は芸術鑑賞」と称して、ヌードアートをじっくり眺めてみよう。

 いにしえの時代から、肉体美の表現という口実で、神話や聖書に登場する女性の裸体が描かれてきた。キリスト教の厳しい性規範が根強く、物語を通して表現するほかなかったからだ。ところが19世紀に入ると、次第に妻や恋人、愛人、娼婦など市井の女性も描かれるようになる。巨匠や奇才と呼ばれる画家たちがこぞってヌードに挑み始めたのだ。

 そんな時代の裸婦像を集め、系統立てて掲載しているのが「美しきヌード絵画の世界」(綜合図書 1500円)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る