「フォルトゥナの瞳」百田尚樹著

公開日: 更新日:

 主人公は、幼い頃に両親と妹を亡くし、孤独に生きてきた木山慎一郎。中学卒業後勤めていた工場が倒産し、フリーター生活を続けていたところ、車を磨くコーティング会社の社長に拾われる。結婚もせず恋人をつくることもあきらめたまま、ひたすら仕事に没頭する日々だったが、ある日電車の中で手が透き通っている男を見かけてから、どうやら自分には他人の死の予兆を察知する力があるらしいと気づく。木山は、その力を他人の命を助けることに使おうとするが、人を救うたびに自らの体がむしばまれていく。仕事の腕も認められて無事に独り立ちを果たし、恋人もできてようやく幸福が見えてきた矢先、木山は自分の力をどう使うべきなのか、選択に迫られるのだが……。

 本書は、ローマ神話に出てくる人間の運命が見える女神「フォルトゥナ」の瞳を持ってしまった人間が、他人の運命に介入して死を回避できないかと葛藤する物語。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  11. 10

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

もっと見る