• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「フォルトゥナの瞳」百田尚樹著

 主人公は、幼い頃に両親と妹を亡くし、孤独に生きてきた木山慎一郎。中学卒業後勤めていた工場が倒産し、フリーター生活を続けていたところ、車を磨くコーティング会社の社長に拾われる。結婚もせず恋人をつくることもあきらめたまま、ひたすら仕事に没頭する日々だったが、ある日電車の中で手が透き通っている男を見かけてから、どうやら自分には他人の死の予兆を察知する力があるらしいと気づく。木山は、その力を他人の命を助けることに使おうとするが、人を救うたびに自らの体がむしばまれていく。仕事の腕も認められて無事に独り立ちを果たし、恋人もできてようやく幸福が見えてきた矢先、木山は自分の力をどう使うべきなのか、選択に迫られるのだが……。

 本書は、ローマ神話に出てくる人間の運命が見える女神「フォルトゥナ」の瞳を持ってしまった人間が、他人の運命に介入して死を回避できないかと葛藤する物語。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る