「熱狂なきファシズム」想田和弘著

公開日:  更新日:

 ファシズムが「ハイル、ヒトラー!」を叫ぶ群衆場面のような熱狂を伴っていたのは昔の話。現代ニッポンでは「熱」を感じさせないトホホな全体主義が社会を覆い尽くしている。

 その象徴が安倍首相。その政治手法は「あっさり」と「突然」が特徴。たとえば改憲問題では一時期意欲を見せた「96条」の先行改定策の旗色が悪いと見るや、「あっさり」解釈改憲に路線転換した。また特定秘密保護法問題では、昨年秋の臨時国会での所信表明演説では一切触れなかったのに、「突然」法案を国会に提出し、強行採決に踏み切った。そこに熱狂や興奮がないのは、実は国民に正面から問題の核心を問うことを避けているからだ。

 その正反対が橋下大阪市長。挑発と攻撃で激しい賛否を巻き起こしながら熱狂的ブームを呼んだものの、結局は「ストレートで、或る意味バカ正直な彼の手法」は世間から見放され、橋下ブームは去ってしまった。新進気鋭のドキュメンタリー映画監督である著者は、こうした状況を観察し、「ずるずるじわじわコソコソと進むファシズム」が現代の特徴なのだと喝破している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る