「腸が嫌がる食べ物、喜ぶ食べ物」松生恒夫著

公開日: 更新日:

 がん死の中でも女性1位、男性3位を占めている大腸がん。腸の健康を維持するためには、毎日の食事から腸を痛めつけるような食べ物を極力排除すべきだ。

 例えば、赤身肉。米国がん研究協会でも、大腸がんリスクを確実に高める因子として、赤身肉を挙げている。その原因は、ヘム鉄と呼ばれる鉄分で、脂質と組み合わさることで活性酸素が発生し、がんの引き金になると本書。

 また、便秘解消にいいといわれる玄米だが、水に溶けない不溶性食物繊維が多すぎ、実は腸にはお勧めできないという。健康で腸が活発に動いている人ならいいが、加齢によって噛む力や腸の動きが弱くなっている人は、かえって消化不良を起こし、便秘や腹部膨満感を悪化させるので要注意だ。

(SBクリエイティブ 730円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  8. 8

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  9. 9

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  10. 10

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

もっと見る