「腸が嫌がる食べ物、喜ぶ食べ物」松生恒夫著

公開日:  更新日:

 がん死の中でも女性1位、男性3位を占めている大腸がん。腸の健康を維持するためには、毎日の食事から腸を痛めつけるような食べ物を極力排除すべきだ。

 例えば、赤身肉。米国がん研究協会でも、大腸がんリスクを確実に高める因子として、赤身肉を挙げている。その原因は、ヘム鉄と呼ばれる鉄分で、脂質と組み合わさることで活性酸素が発生し、がんの引き金になると本書。

 また、便秘解消にいいといわれる玄米だが、水に溶けない不溶性食物繊維が多すぎ、実は腸にはお勧めできないという。健康で腸が活発に動いている人ならいいが、加齢によって噛む力や腸の動きが弱くなっている人は、かえって消化不良を起こし、便秘や腹部膨満感を悪化させるので要注意だ。

(SBクリエイティブ 730円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る