「腸が嫌がる食べ物、喜ぶ食べ物」松生恒夫著

公開日:  更新日:

 がん死の中でも女性1位、男性3位を占めている大腸がん。腸の健康を維持するためには、毎日の食事から腸を痛めつけるような食べ物を極力排除すべきだ。

 例えば、赤身肉。米国がん研究協会でも、大腸がんリスクを確実に高める因子として、赤身肉を挙げている。その原因は、ヘム鉄と呼ばれる鉄分で、脂質と組み合わさることで活性酸素が発生し、がんの引き金になると本書。

 また、便秘解消にいいといわれる玄米だが、水に溶けない不溶性食物繊維が多すぎ、実は腸にはお勧めできないという。健康で腸が活発に動いている人ならいいが、加齢によって噛む力や腸の動きが弱くなっている人は、かえって消化不良を起こし、便秘や腹部膨満感を悪化させるので要注意だ。

(SBクリエイティブ 730円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  4. 4

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  5. 5

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る