「ふたつの星とタイムマシン」畑野智美著

公開日: 更新日:

「国道沿いのファミレス」で第23回小説すばる新人賞を受賞し、その後吉川英治文学新人賞候補にもノミネートされた著者による、ちょっと不思議な近未来を描いたSF短編集。大学の教授室で見つけたタイムマシンに乗って中学生の自分に会いに行く女子学生の物語「過去ミライ」、必要に応じて時間を自由に操る能力を持つ中学生が主人公の「自由ジカン」、会社の給湯室から突然別の場所に移動してしまうOLの物語「瞬間イドウ」、家庭用ロボットに家事と学校のスケジュール管理を任せるようになった男子学生の心模様を描いた「恋人ロボット」など計7編が収録されている。

 どの短編でも、何げない青春物語の中に忍ばせたSF的要素が違和感なく日常に溶け込んでおり、私たちの知る世界とは違うもうひとつの世界での普通の生活を描いたかのように感じさせる描写が興味深い。お笑いコンビ、キングコングの西野亮廣が描いたカバーイラストも話題を呼んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  6. 6

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  7. 7

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  8. 8

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  9. 9

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

  10. 10

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

もっと見る