「ふたつの星とタイムマシン」畑野智美著

公開日: 更新日:

「国道沿いのファミレス」で第23回小説すばる新人賞を受賞し、その後吉川英治文学新人賞候補にもノミネートされた著者による、ちょっと不思議な近未来を描いたSF短編集。大学の教授室で見つけたタイムマシンに乗って中学生の自分に会いに行く女子学生の物語「過去ミライ」、必要に応じて時間を自由に操る能力を持つ中学生が主人公の「自由ジカン」、会社の給湯室から突然別の場所に移動してしまうOLの物語「瞬間イドウ」、家庭用ロボットに家事と学校のスケジュール管理を任せるようになった男子学生の心模様を描いた「恋人ロボット」など計7編が収録されている。

 どの短編でも、何げない青春物語の中に忍ばせたSF的要素が違和感なく日常に溶け込んでおり、私たちの知る世界とは違うもうひとつの世界での普通の生活を描いたかのように感じさせる描写が興味深い。お笑いコンビ、キングコングの西野亮廣が描いたカバーイラストも話題を呼んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  8. 8

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  9. 9

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る