「ふたつの星とタイムマシン」畑野智美著

公開日:  更新日:

「国道沿いのファミレス」で第23回小説すばる新人賞を受賞し、その後吉川英治文学新人賞候補にもノミネートされた著者による、ちょっと不思議な近未来を描いたSF短編集。大学の教授室で見つけたタイムマシンに乗って中学生の自分に会いに行く女子学生の物語「過去ミライ」、必要に応じて時間を自由に操る能力を持つ中学生が主人公の「自由ジカン」、会社の給湯室から突然別の場所に移動してしまうOLの物語「瞬間イドウ」、家庭用ロボットに家事と学校のスケジュール管理を任せるようになった男子学生の心模様を描いた「恋人ロボット」など計7編が収録されている。

 どの短編でも、何げない青春物語の中に忍ばせたSF的要素が違和感なく日常に溶け込んでおり、私たちの知る世界とは違うもうひとつの世界での普通の生活を描いたかのように感じさせる描写が興味深い。お笑いコンビ、キングコングの西野亮廣が描いたカバーイラストも話題を呼んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る