「無塩食で体はこんなにラクになる」西野椰季子著

公開日: 更新日:

 塩分の多い食事を続けていると、体内の組織を硬化させて代謝を悪くするといわれている。さらに、取り過ぎた動物性タンパク質が塩分を含んで“古塩”と呼ばれる毒素となり、代謝の低下した体の中にたまり続ける。すると、やせにくい体になる他、肩凝りや便秘、不眠などさまざまな不調の原因になるという。

 この古塩を代謝させるのが、「無塩食」である。永久に塩抜きの食事を続けるわけではなく、一定期間行うだけで効果が表れてくるそうだ。

 本書では、その仕組みとともにレシピも紹介。塩を一切使わず干しシイタケのだしとショウガの味でいただく根菜スープや、ニンニクとハーブ類、オリーブオイルで味を調える野菜の煮込みラタトゥイユなど、簡単に作れるものばかりだ。

(祥伝社 1280円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  8. 8

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  9. 9

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る