「無塩食で体はこんなにラクになる」西野椰季子著

公開日:  更新日:

 塩分の多い食事を続けていると、体内の組織を硬化させて代謝を悪くするといわれている。さらに、取り過ぎた動物性タンパク質が塩分を含んで“古塩”と呼ばれる毒素となり、代謝の低下した体の中にたまり続ける。すると、やせにくい体になる他、肩凝りや便秘、不眠などさまざまな不調の原因になるという。

 この古塩を代謝させるのが、「無塩食」である。永久に塩抜きの食事を続けるわけではなく、一定期間行うだけで効果が表れてくるそうだ。

 本書では、その仕組みとともにレシピも紹介。塩を一切使わず干しシイタケのだしとショウガの味でいただく根菜スープや、ニンニクとハーブ類、オリーブオイルで味を調える野菜の煮込みラタトゥイユなど、簡単に作れるものばかりだ。

(祥伝社 1280円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る