「創価学会と平和主義」佐藤優著

公開日: 更新日:

 集団的自衛権行使を容認する閣議決定に与党の一員として賛成した公明党には、党是の「平和の党」の看板を下ろしたとの批判が集中した。しかし、著者は閣議決定を行ったことで「集団的自衛権行使による自衛隊の海外派兵は遠のいた」と指摘し、そのブレーキ役を果たしたのが公明党だと断言する。知の鉄人が、閣議決定を骨抜きにした公明党とその支持母体の創価学会の平和主義を徹底検証した一冊。

 創価学会の池田大作名誉会長の著作を読み込み、公明党結党の経緯や目的を改めて確認。創価学会の教義、そして池田氏の理念と行動からキリスト教徒の著者が見ても、その平和主義は本物であることを論じていく。

(朝日新聞出版 本体価格760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  3. 3

    18年入社組でピカイチ TBS宇賀神メグアナの意外な特技

  4. 4

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  5. 5

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  6. 6

    フジ反町理アナは“質問係のおじさん” MCよりご意見番向き

  7. 7

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  8. 8

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  9. 9

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  10. 10

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

もっと見る