「創価学会と平和主義」佐藤優著

公開日:  更新日:

 集団的自衛権行使を容認する閣議決定に与党の一員として賛成した公明党には、党是の「平和の党」の看板を下ろしたとの批判が集中した。しかし、著者は閣議決定を行ったことで「集団的自衛権行使による自衛隊の海外派兵は遠のいた」と指摘し、そのブレーキ役を果たしたのが公明党だと断言する。知の鉄人が、閣議決定を骨抜きにした公明党とその支持母体の創価学会の平和主義を徹底検証した一冊。

 創価学会の池田大作名誉会長の著作を読み込み、公明党結党の経緯や目的を改めて確認。創価学会の教義、そして池田氏の理念と行動からキリスト教徒の著者が見ても、その平和主義は本物であることを論じていく。

(朝日新聞出版 本体価格760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る