「死ぬならボケずにガンがいい」新見正則氏

公開日:  更新日:

 医者が書いた本は基本的に読後、自責の念に駆られるものが多い。~すべきだ、~してはいけないと不摂生な人間にとっては耳の痛い文言ばかり。ところが、この本はとにかく底抜けに明るくて、説教くささがまったくない。

「考えることが苦手な人には『~しろ!』という命令形の本がいいのでしょうね、楽だもの(笑い)。でも、万人にとって有効なことなんてありません。メディアが流す健康情報も、それが『効く人もいる』というだけの話。何が正しいか誰にもわからないんですよ。肉食で野菜嫌いの94歳もいれば、肥満でメタボな87歳の女性もいます。健康を害する習慣があっても、検査値が異常でも、薬を飲まずボケもせず元気で長生きの人がいますから」

 わからないと断言する医者も珍しい。本書では普通は医者が言えないことにもザクザク斬り込む。

「イグノーベル賞という過分な賞をいただいたってことは、つまり医療の世界で変なことしてもいいって意味でしょ(笑い)。この本では僕が言いたいことをフェアに書きました。世の中は市場原理や道徳心で動いていて、少数意見は言いづらくなっているけどね。でも人間は必ず死にます。医者は言わないことを言うのが仕事だから、外来でも『いつか死ぬから、遺言書けば?』と言いますよ。みな笑って受け流しますが、本当はこうして笑いながら『死』を上手に話し合えるような社会にしないといけないよね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る