「死ぬならボケずにガンがいい」新見正則氏

公開日:  更新日:

 医者が書いた本は基本的に読後、自責の念に駆られるものが多い。~すべきだ、~してはいけないと不摂生な人間にとっては耳の痛い文言ばかり。ところが、この本はとにかく底抜けに明るくて、説教くささがまったくない。

「考えることが苦手な人には『~しろ!』という命令形の本がいいのでしょうね、楽だもの(笑い)。でも、万人にとって有効なことなんてありません。メディアが流す健康情報も、それが『効く人もいる』というだけの話。何が正しいか誰にもわからないんですよ。肉食で野菜嫌いの94歳もいれば、肥満でメタボな87歳の女性もいます。健康を害する習慣があっても、検査値が異常でも、薬を飲まずボケもせず元気で長生きの人がいますから」

 わからないと断言する医者も珍しい。本書では普通は医者が言えないことにもザクザク斬り込む。

「イグノーベル賞という過分な賞をいただいたってことは、つまり医療の世界で変なことしてもいいって意味でしょ(笑い)。この本では僕が言いたいことをフェアに書きました。世の中は市場原理や道徳心で動いていて、少数意見は言いづらくなっているけどね。でも人間は必ず死にます。医者は言わないことを言うのが仕事だから、外来でも『いつか死ぬから、遺言書けば?』と言いますよ。みな笑って受け流しますが、本当はこうして笑いながら『死』を上手に話し合えるような社会にしないといけないよね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る