「『最後の恋』に彷徨う男たち」亀山早苗氏

公開日:  更新日:

 著者は、近頃“アラフィフ”の男性たちから「恋がしたい」という言葉を頻繁に聞くようになったという。

「女遊びがしたいとか、若いオネーチャンをモノにしたいという話ではなく、頬を染めながら、“恋がしたい……”という感じ。考えてみれば男性の50歳というのは微妙なお年頃なんですね。社会でも家庭でも、ひと仕事終えて劇的な変化はなくなります。かといって、高齢化の日本では老い支度するには早すぎます。そんなとき、ふと人生でやり残したことに思いを馳せると、出てくる答えが“恋”なのではないでしょうか」

 本書には、著者が実際にインタビューしてきたアラフィフ男性たちの、赤裸々な恋模様がつづられている。

「婚外恋愛をしている女性の場合、すべてを打ち明けている女友達が必ずと言っていいほどいるものです。しかし、男性で男友達に話しているという人はまずいません。プライドなのか、妻を裏切っている“悪事”を話すことの抵抗感なのかは分かりませんが、ひとりで心にしまっているんです。だから、私のような者に出会うと堰を切ったように話し出す。話しながら涙を流す男性も少なくありませんでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  3. 3

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  4. 4

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  7. 7

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  8. 8

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  9. 9

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る