「『最後の恋』に彷徨う男たち」亀山早苗氏

公開日: 更新日:

 著者は、近頃“アラフィフ”の男性たちから「恋がしたい」という言葉を頻繁に聞くようになったという。

「女遊びがしたいとか、若いオネーチャンをモノにしたいという話ではなく、頬を染めながら、“恋がしたい……”という感じ。考えてみれば男性の50歳というのは微妙なお年頃なんですね。社会でも家庭でも、ひと仕事終えて劇的な変化はなくなります。かといって、高齢化の日本では老い支度するには早すぎます。そんなとき、ふと人生でやり残したことに思いを馳せると、出てくる答えが“恋”なのではないでしょうか」

 本書には、著者が実際にインタビューしてきたアラフィフ男性たちの、赤裸々な恋模様がつづられている。

「婚外恋愛をしている女性の場合、すべてを打ち明けている女友達が必ずと言っていいほどいるものです。しかし、男性で男友達に話しているという人はまずいません。プライドなのか、妻を裏切っている“悪事”を話すことの抵抗感なのかは分かりませんが、ひとりで心にしまっているんです。だから、私のような者に出会うと堰を切ったように話し出す。話しながら涙を流す男性も少なくありませんでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  5. 5

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    大谷の打撃をエ軍首脳陣“放任”へ 凡打での助言が今季激減

  8. 8

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  9. 9

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  10. 10

    スカウト部長は佐々木絶賛も…巨人ドラ1逡巡に原監督の影

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る