「『最後の恋』に彷徨う男たち」亀山早苗氏

公開日:  更新日:

 著者は、近頃“アラフィフ”の男性たちから「恋がしたい」という言葉を頻繁に聞くようになったという。

「女遊びがしたいとか、若いオネーチャンをモノにしたいという話ではなく、頬を染めながら、“恋がしたい……”という感じ。考えてみれば男性の50歳というのは微妙なお年頃なんですね。社会でも家庭でも、ひと仕事終えて劇的な変化はなくなります。かといって、高齢化の日本では老い支度するには早すぎます。そんなとき、ふと人生でやり残したことに思いを馳せると、出てくる答えが“恋”なのではないでしょうか」

 本書には、著者が実際にインタビューしてきたアラフィフ男性たちの、赤裸々な恋模様がつづられている。

「婚外恋愛をしている女性の場合、すべてを打ち明けている女友達が必ずと言っていいほどいるものです。しかし、男性で男友達に話しているという人はまずいません。プライドなのか、妻を裏切っている“悪事”を話すことの抵抗感なのかは分かりませんが、ひとりで心にしまっているんです。だから、私のような者に出会うと堰を切ったように話し出す。話しながら涙を流す男性も少なくありませんでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

もっと見る