「つちくれさん」仁木英之氏

公開日:  更新日:

 遺跡の発掘中に何千年か前の棺が発見された。フタを開けたら出てきたのは死んで間もない美女の死体! しかも卑弥呼の時代の衣服を身に着けている。この面妖な事件の謎を解くのが元刑事・福沢登と、〈つちくれさん〉と呼ばれる考古学者・瀬山紀芳。瀬山は地勢と土を見てほぼ遺跡を見通してしまうという発掘の達人である。

「父方の伯父に瀬川芳則という考古学者がいて、〈つちくれさん〉のモデルなんです。子どものころから考古学のおもしろい話を聞かせてくれて、いつか考古学者を主人公にした作品を書きたいと思っていました」

 ミステリーの舞台となるのは長野県千曲市の森将軍塚古墳の発掘現場。その遺跡から卑弥呼を思わせる姿をした遺体が発見されるのだが……。

「遺跡の発掘は地味な作業で、石の棺が見つかっても何も入っていないことが多いんですよ。だから、棺の中に眠っている姫さまがいればびっくりするんじゃないかと」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る