「つちくれさん」仁木英之氏

公開日:  更新日:

 遺跡の発掘中に何千年か前の棺が発見された。フタを開けたら出てきたのは死んで間もない美女の死体! しかも卑弥呼の時代の衣服を身に着けている。この面妖な事件の謎を解くのが元刑事・福沢登と、〈つちくれさん〉と呼ばれる考古学者・瀬山紀芳。瀬山は地勢と土を見てほぼ遺跡を見通してしまうという発掘の達人である。

「父方の伯父に瀬川芳則という考古学者がいて、〈つちくれさん〉のモデルなんです。子どものころから考古学のおもしろい話を聞かせてくれて、いつか考古学者を主人公にした作品を書きたいと思っていました」

 ミステリーの舞台となるのは長野県千曲市の森将軍塚古墳の発掘現場。その遺跡から卑弥呼を思わせる姿をした遺体が発見されるのだが……。

「遺跡の発掘は地味な作業で、石の棺が見つかっても何も入っていないことが多いんですよ。だから、棺の中に眠っている姫さまがいればびっくりするんじゃないかと」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る