「つちくれさん」仁木英之氏

公開日:  更新日:

 遺跡の発掘中に何千年か前の棺が発見された。フタを開けたら出てきたのは死んで間もない美女の死体! しかも卑弥呼の時代の衣服を身に着けている。この面妖な事件の謎を解くのが元刑事・福沢登と、〈つちくれさん〉と呼ばれる考古学者・瀬山紀芳。瀬山は地勢と土を見てほぼ遺跡を見通してしまうという発掘の達人である。

「父方の伯父に瀬川芳則という考古学者がいて、〈つちくれさん〉のモデルなんです。子どものころから考古学のおもしろい話を聞かせてくれて、いつか考古学者を主人公にした作品を書きたいと思っていました」

 ミステリーの舞台となるのは長野県千曲市の森将軍塚古墳の発掘現場。その遺跡から卑弥呼を思わせる姿をした遺体が発見されるのだが……。

「遺跡の発掘は地味な作業で、石の棺が見つかっても何も入っていないことが多いんですよ。だから、棺の中に眠っている姫さまがいればびっくりするんじゃないかと」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る