• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「人生を決めるのは脳が1割、腸が9割!」小林弘幸著

 酒を飲み過ぎた翌朝や生活リズムが乱れているときなどに、顔や足のむくみを感じたことがある人は多いだろう。

 実は体にむくみが表れているとき、体内では腸がむくんで、全身にさまざまな不調を起こすのだと本書。

 この“むくみ腸”を改善すると、ホルモンの分泌が良くなったり、自律神経が整うなどして体だけでなく心の健康にも役立つという。

 むくみ腸の予防には、まず1日に1.5リットルの水を飲むこと。

 これで腸の蠕動運動が活発になり水分の排出に役立つ。さらに、1日3食を6時間ごとに食べるのがよい。消化吸収を妨げず、かつ腸に負担のかからない理想的な間隔だという。

 肋骨の下のお腹の肉を掴んで骨盤を回しながら行う、むくみ腸解消運動なども紹介する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る