「認知症になった私が伝えたいこと」佐藤雅彦著

公開日:  更新日:

 元中学校教員の著者は、51歳で認知症と診断された。本書は、10年以上にわたり著者自身が書き留めてきたメモなどをもとに構成されており、認知症当事者のリアルな生活の様子を垣間見ることができる。

 朝目覚めて一番の不安は、その日に何をしていいのか思い出せないことだという。

 当初は手帳に書いていたが、それを捜そうとしても見つけられないことも増えてくる。そこで活用したのが、パソコンのスケジュール管理ソフト。曜日が分からなくなっても自動で表示されるので、重宝したという。毎日使う電子機器は、定時にアラームが鳴るようにすることで、捜す手間を省くことができたそうだ。

 認知症になっても、工夫次第で快適に暮らせるという希望を与えてくれる。

(大月書店 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る