作家生活25年の集大成となる記念作品を上梓 篠田節子氏に聞く

公開日:  更新日:

「女たちのジハード」をはじめ、数多くの骨太な物語を書き続けてきた篠田節子氏。作家生活25周年記念作として上梓された最新作「インドクリスタル」では、日本人ビジネスマンの目を通して、神秘の超大国インドの混沌と矛盾、そしてパワーがリアルに描かれている。近頃では珍しくなった2段組みで500ページを超えるボリュームながら、まったく長さを感じさせない圧巻の社会派エンタメ大作だ。

 主人公の藤岡は、人工水晶デバイスの開発と製造を行う企業の社長を務めている。あるとき、惑星探査機用の人工水晶の核となる良質なマザークリスタルを求めて訪れたインドの寒村で、宿の使用人兼“性接待係”として働く、ロサと呼ばれる不思議な少女と出会う。これをきっかけに藤岡は、日本の常識など通じない“だまされたら負け”のインド流ビジネスと、宗教や身分の違いが複雑に絡み合う混沌の闇へと足を踏み入れていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る