• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

作家生活25年の集大成となる記念作品を上梓 篠田節子氏に聞く

「女たちのジハード」をはじめ、数多くの骨太な物語を書き続けてきた篠田節子氏。作家生活25周年記念作として上梓された最新作「インドクリスタル」では、日本人ビジネスマンの目を通して、神秘の超大国インドの混沌と矛盾、そしてパワーがリアルに描かれている。近頃では珍しくなった2段組みで500ページを超えるボリュームながら、まったく長さを感じさせない圧巻の社会派エンタメ大作だ。

 主人公の藤岡は、人工水晶デバイスの開発と製造を行う企業の社長を務めている。あるとき、惑星探査機用の人工水晶の核となる良質なマザークリスタルを求めて訪れたインドの寒村で、宿の使用人兼“性接待係”として働く、ロサと呼ばれる不思議な少女と出会う。これをきっかけに藤岡は、日本の常識など通じない“だまされたら負け”のインド流ビジネスと、宗教や身分の違いが複雑に絡み合う混沌の闇へと足を踏み入れていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る