「うつが治る食べ方、考え方、すごし方」廣瀬久益著

公開日: 更新日:

 厚生労働省によれば、うつ病を含む気分障害の患者数は100万人超。この15年ほどで倍以上になっている。

 そして、休職が必要とされた人のうち、8割もの人が治療困難や再発によって職場復帰を果たせないでいるのが現状だ。

 治りにくく増え続けるうつ病の治療に対し、本書では薬以外のアプローチについて詳しく取り上げている。近年、抗うつ薬でも改善しないうつ病に対し、栄養療法が重視される傾向にある。例えば、鉄欠乏がうつ病の原因になる場合があるという。貧血なら分かるが……と疑問に思うかもしれないが、体内の鉄は脳機能の維持に深くかかわっており、鉄のサプリメントによる治療でうつ状態や睡眠障害の改善が期待できるのだ。

 うつ病の回復に、光が見えてくる。

(CCCメディアハウス 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る

人気キーワード