「うつが治る食べ方、考え方、すごし方」廣瀬久益著

公開日:  更新日:

 厚生労働省によれば、うつ病を含む気分障害の患者数は100万人超。この15年ほどで倍以上になっている。

 そして、休職が必要とされた人のうち、8割もの人が治療困難や再発によって職場復帰を果たせないでいるのが現状だ。

 治りにくく増え続けるうつ病の治療に対し、本書では薬以外のアプローチについて詳しく取り上げている。近年、抗うつ薬でも改善しないうつ病に対し、栄養療法が重視される傾向にある。例えば、鉄欠乏がうつ病の原因になる場合があるという。貧血なら分かるが……と疑問に思うかもしれないが、体内の鉄は脳機能の維持に深くかかわっており、鉄のサプリメントによる治療でうつ状態や睡眠障害の改善が期待できるのだ。

 うつ病の回復に、光が見えてくる。

(CCCメディアハウス 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る