「うつが治る食べ方、考え方、すごし方」廣瀬久益著

公開日: 更新日:

 厚生労働省によれば、うつ病を含む気分障害の患者数は100万人超。この15年ほどで倍以上になっている。

 そして、休職が必要とされた人のうち、8割もの人が治療困難や再発によって職場復帰を果たせないでいるのが現状だ。

 治りにくく増え続けるうつ病の治療に対し、本書では薬以外のアプローチについて詳しく取り上げている。近年、抗うつ薬でも改善しないうつ病に対し、栄養療法が重視される傾向にある。例えば、鉄欠乏がうつ病の原因になる場合があるという。貧血なら分かるが……と疑問に思うかもしれないが、体内の鉄は脳機能の維持に深くかかわっており、鉄のサプリメントによる治療でうつ状態や睡眠障害の改善が期待できるのだ。

 うつ病の回復に、光が見えてくる。

(CCCメディアハウス 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る