• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「元気で長生きしたけりゃ頭をもみなさい」松永みち子著

 鍼灸師でありボディーメークセラピストである著者が勧めるのは、体を芯から活性化させる“頭もみ”。

 東洋医学では、頭部には生体エネルギーの流れである経絡やツボが集中していると考えられている。また、たくさんの血管もあるため、これらを刺激することで血行と新陳代謝が促進され、自律神経やホルモンバランスも整い、さまざまな老化や不調を改善するのに役立つのだという。

 頭もみの基本は、前頭部、頭頂部、側頭部、後頭部、そしてうなじの5カ所をマッサージすること。両手で頭を包むようにし、指の腹を使い、力を入れ過ぎないようにぐりぐり押しながら、気持ちの良いポイントを見つけてもみほぐす。正しく行えば、顔のたるみにも効果を発揮するはずだ。

(実務教育出版 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る