「薬で治るというウソ」名郷直樹著

公開日: 更新日:

 病気は薬で治すという“常識”に“待った”をかけたのは本紙で「医療数字のカラクリ」を連載中の著者。「根拠に基づく医療」を提唱、実践してきただけに、目からウロコの話が多い。

 例えば、中耳炎は、発症から3日間は抗生物質を飲んではいけないと説く。

 中耳炎の原因のほとんどが細菌であることを考えれば「抗生物質を飲むのは当然」に思えるが、大間違いだという。理由は中耳炎の7割は3日以内で治るため。実際、オランダのガイドラインでは抗生物質を飲ませるのは3日後からだそうだ。

 仮に抗生物質が必要な場合も、多くの医師が出したがる、高価で副作用の強い薬を警戒するよう説いている。過剰医療にならないためのエビデンスが本書にはある。

(ビジネス社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  4. 4

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  5. 5

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  6. 6

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  7. 7

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  8. 8

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

  9. 9

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

  10. 10

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

もっと見る

人気キーワード