「寝たきりにならず、自宅で『平穏死』」長尾和宏著

公開日:  更新日:

 介護保険ができてから15年。要介護認定者の数は2.5倍にも増えている。本書では、在宅療養支援診療所を開設している著者が、“寿命”ではなく、“健康寿命”を延ばすための生活習慣を伝授している。

 例えば、禁煙だ。愛煙家はたばこぐらい自由に吸わせてくれと思うだろうが、たばこを吸う人は、吸わない人に比べてうつ病になるリスクが2.9倍も高い。さらに、ニコチンは背骨の椎間板を劣化させるため、腰痛を発症して寝たきりになるリスクも高まる。また、夫のたばこによる受動喫煙で、妻は1.79倍も肺がんの危険性が高まることが分かっているのだ。

 足腰を鍛えるウオーキング法や、100歳を越えても現役の日野原重明医師に学ぶボケない食事法なども紹介する。

(SBクリエイティブ 730円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る