「寝たきりにならず、自宅で『平穏死』」長尾和宏著

公開日: 更新日:

 介護保険ができてから15年。要介護認定者の数は2.5倍にも増えている。本書では、在宅療養支援診療所を開設している著者が、“寿命”ではなく、“健康寿命”を延ばすための生活習慣を伝授している。

 例えば、禁煙だ。愛煙家はたばこぐらい自由に吸わせてくれと思うだろうが、たばこを吸う人は、吸わない人に比べてうつ病になるリスクが2.9倍も高い。さらに、ニコチンは背骨の椎間板を劣化させるため、腰痛を発症して寝たきりになるリスクも高まる。また、夫のたばこによる受動喫煙で、妻は1.79倍も肺がんの危険性が高まることが分かっているのだ。

 足腰を鍛えるウオーキング法や、100歳を越えても現役の日野原重明医師に学ぶボケない食事法なども紹介する。

(SBクリエイティブ 730円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

  3. 3

    レッドブル「くたばれ、正論。」面倒くさいけど添削しとく

  4. 4

    「ゴゴスマ」が大躍進!コロナで報道・情報番組に続く異変

  5. 5

    最良の対策は総辞職 うまい話のつまみ食いは賢者になれぬ

  6. 6

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  7. 7

    FBI警告 トランプ支持派が蜂起「1.16」全米に血の雨が降る

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    桑田真澄氏が巨人コーチに 原監督との恩讐越え入閣の仰天

  10. 10

    巨人次期監督争い 桑田vs阿部“万事正反対”で火花バチバチ

もっと見る

人気キーワード