「寝たきりにならず、自宅で『平穏死』」長尾和宏著

公開日: 更新日:

 介護保険ができてから15年。要介護認定者の数は2.5倍にも増えている。本書では、在宅療養支援診療所を開設している著者が、“寿命”ではなく、“健康寿命”を延ばすための生活習慣を伝授している。

 例えば、禁煙だ。愛煙家はたばこぐらい自由に吸わせてくれと思うだろうが、たばこを吸う人は、吸わない人に比べてうつ病になるリスクが2.9倍も高い。さらに、ニコチンは背骨の椎間板を劣化させるため、腰痛を発症して寝たきりになるリスクも高まる。また、夫のたばこによる受動喫煙で、妻は1.79倍も肺がんの危険性が高まることが分かっているのだ。

 足腰を鍛えるウオーキング法や、100歳を越えても現役の日野原重明医師に学ぶボケない食事法なども紹介する。

(SBクリエイティブ 730円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  3. 3

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  6. 6

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  7. 7

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  8. 8

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  9. 9

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  10. 10

    安倍政権の逃げ切りを許せば、日本の民主主義の未来はない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る