「体の不調は『首こり』から治す、が正しい」三井弘著

公開日: 更新日:

 スマホやパソコンの使用で、首を常に前傾させた姿勢でいることが多い現代人。これによって生じている問題が“首こり”だ。

 首には、神経の束である脊髄や、大切なホルモンを分泌する甲状腺、そして血管や気管、食道など生命維持に重要な役割を担う器官が通っている。そのため、首に不具合が起こるとその影響は首だけにとどまらず、全身の機能やメンタルヘルスにまで及ぶという。

 首に不具合が生じると、「肩こり」→「頭痛・めまい」→「手のしびれ」という3段階を経て悪化していく。気になる自覚症状がある人は、すぐに首こりの解消を行いたい。壁に向かって行う腕立て伏せやもも上げなどの簡単な体操から、座り方、寝具の選び方など、首をケアする工夫も紹介する。

(SBクリエイティブ 760円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る