「口の中をみれば寿命がわかる」波多野尚樹著

公開日: 更新日:

 アメリカで、寿命を左右する要因として生活習慣と並んで重要といわれるのが「口腔内細菌」だ。

 特に歯周病菌の研究が進んでいて、その悪影響は歯だけにとどまらず、心疾患、細菌性肺炎、高脂血症などの原因にもなることが明らかになっている。

 口腔内細菌を増やす原因はさまざまあるが、特に注意したいのが喫煙習慣だ。

 たばこを吸うと口腔内の毛細血管が収縮して血流が低下する。

 すると、血液によって運ばれる白血球などの免疫細胞が口腔内で少なくなる。しかも、血流が低下すると洗浄効果のある唾液の分泌量も減少するため、口腔内細菌は爆発的に増殖するという。

 超高齢化社会の日本でも、生活習慣とともに口腔内環境改善にも取り組む必要がありそうだ。(小学館 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る