「口の中をみれば寿命がわかる」波多野尚樹著

公開日:  更新日:

 アメリカで、寿命を左右する要因として生活習慣と並んで重要といわれるのが「口腔内細菌」だ。

 特に歯周病菌の研究が進んでいて、その悪影響は歯だけにとどまらず、心疾患、細菌性肺炎、高脂血症などの原因にもなることが明らかになっている。

 口腔内細菌を増やす原因はさまざまあるが、特に注意したいのが喫煙習慣だ。

 たばこを吸うと口腔内の毛細血管が収縮して血流が低下する。

 すると、血液によって運ばれる白血球などの免疫細胞が口腔内で少なくなる。しかも、血流が低下すると洗浄効果のある唾液の分泌量も減少するため、口腔内細菌は爆発的に増殖するという。

 超高齢化社会の日本でも、生活習慣とともに口腔内環境改善にも取り組む必要がありそうだ。(小学館 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る