「その症状、もしかして薬のせい?」長尾和宏著

公開日:  更新日:

 39兆円にも膨れ上がった日本の国民総医療費のうち、5分の1を占めているのが薬の費用。すべての薬が患者の役に立っているならいいが、必要ない薬や、逆に体調を悪くするような薬を服用させられているケースもあるという。

 ごく一般的に用いられる総合感冒薬に、「PL顆粒」という薬がある。この薬には尿を出にくくする副作用があり、若者や女性は比較的問題が少ないものの、前立腺肥大のある男性の場合、膀胱の出口が開かない「尿閉」という状態に陥ることがある。尿道からカテーテルを挿入する処置が必要になるほどで、中高年以降の男性はむやみに服用するのは避けた方がいいのだという。

 アスピリンやビタミンC、抗認知症薬など、本当に服用すべき薬なのかを検証していく。

(セブン&アイ出版 1100円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る