「カラダが変わる!姿勢の科学」石井直方著

公開日: 更新日:

 猫背などの悪い姿勢は、肩こり、腰痛、冷え性、メタボなど、全身にさまざまな悪影響を及ぼすといわれる。ならば、良い姿勢とはどのようなものなのか。

 第1条件は、背骨、骨盤、大腿骨と続く骨格及び関節が、適切な並びを維持すること。しかし、骨は“自力”では正しく並ぶことができないため、腹横筋や大腰筋などを鍛えて、骨を正しく支えることが重要だという。

 鍛えるといってもハードな筋トレをする必要はない。本書では、手軽にできるさまざまなエクササイズを紹介している。あおむけに寝て膝を立て、息を吸いながらお腹を思いきりへこませ、20~30秒呼吸を続ける「ドローイン」は、体幹を強くするのに最適。慣れてきたら立って行うと、より効果が表れやすくなるそうだ。

(筑摩書房 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  5. 5

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  6. 6

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  7. 7

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  8. 8

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  9. 9

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  10. 10

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

もっと見る

人気キーワード