• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「カラダが変わる!姿勢の科学」石井直方著

投稿日:  更新日:

 猫背などの悪い姿勢は、肩こり、腰痛、冷え性、メタボなど、全身にさまざまな悪影響を及ぼすといわれる。ならば、良い姿勢とはどのようなものなのか。

 第1条件は、背骨、骨盤、大腿骨と続く骨格及び関節が、適切な並びを維持すること。しかし、骨は“自力”では正しく並ぶことができないため、腹横筋や大腰筋などを鍛えて、骨を正しく支えることが重要だという。

 鍛えるといってもハードな筋トレをする必要はない。本書では、手軽にできるさまざまなエクササイズを紹介している。あおむけに寝て膝を立て、息を吸いながらお腹を思いきりへこませ、20~30秒呼吸を続ける「ドローイン」は、体幹を強くするのに最適。慣れてきたら立って行うと、より効果が表れやすくなるそうだ。

(筑摩書房 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  7. 7

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る