「カラダが変わる!姿勢の科学」石井直方著

公開日: 更新日:

 猫背などの悪い姿勢は、肩こり、腰痛、冷え性、メタボなど、全身にさまざまな悪影響を及ぼすといわれる。ならば、良い姿勢とはどのようなものなのか。

 第1条件は、背骨、骨盤、大腿骨と続く骨格及び関節が、適切な並びを維持すること。しかし、骨は“自力”では正しく並ぶことができないため、腹横筋や大腰筋などを鍛えて、骨を正しく支えることが重要だという。

 鍛えるといってもハードな筋トレをする必要はない。本書では、手軽にできるさまざまなエクササイズを紹介している。あおむけに寝て膝を立て、息を吸いながらお腹を思いきりへこませ、20~30秒呼吸を続ける「ドローイン」は、体幹を強くするのに最適。慣れてきたら立って行うと、より効果が表れやすくなるそうだ。

(筑摩書房 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  8. 8

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  9. 9

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  10. 10

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る