「快眠力」成井浩司著

公開日: 更新日:

 質のよい睡眠は健康に不可欠といわれる。実際、よい睡眠が取れていないと体にはさまざまな悪影響が表れる。

 体内時計に働きかけて眠りをもたらすのは脳の松果体から分泌されるメラトニンというホルモンで、不規則な生活を続けていると減少する。メラトニンは眠りを誘うほかに免疫作用や抗酸化作用を持ち、病気予防やアンチエイジングにもひと役買っているため、睡眠の質の低下は早めに改善すべきことなのだ。

 質の高い睡眠を取るには、まず決まった時間に起きる習慣をつけるとよい。そして、起きたらすぐに日光を浴びよう。これによって体内時計がリセットされ、夜のメラトニンの分泌も盛んになる。就寝時間がまちまちでも、ぐっすりと眠れるようになる。

(ワック 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  3. 3

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  4. 4

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

  7. 7

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  8. 8

    鈴木保奈美&石橋貴明が離婚 「ユーチューブで発表」は夫への“餞別”代わりか

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

もっと見る

人気キーワード