「快眠力」成井浩司著

公開日:  更新日:

 質のよい睡眠は健康に不可欠といわれる。実際、よい睡眠が取れていないと体にはさまざまな悪影響が表れる。

 体内時計に働きかけて眠りをもたらすのは脳の松果体から分泌されるメラトニンというホルモンで、不規則な生活を続けていると減少する。メラトニンは眠りを誘うほかに免疫作用や抗酸化作用を持ち、病気予防やアンチエイジングにもひと役買っているため、睡眠の質の低下は早めに改善すべきことなのだ。

 質の高い睡眠を取るには、まず決まった時間に起きる習慣をつけるとよい。そして、起きたらすぐに日光を浴びよう。これによって体内時計がリセットされ、夜のメラトニンの分泌も盛んになる。就寝時間がまちまちでも、ぐっすりと眠れるようになる。

(ワック 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る