「チューズデーに逢うまで」ルイス・モンタバン著 加藤喬訳

公開日: 更新日:

 モンタバン大尉はイラク戦争のとき、目の前でテロリストが自爆するのを見た。帰還後、狙撃兵の幻を見たり、広場恐怖症などPTSDに悩まされていた。そんな彼を救ってくれたのは、復員兵支援団体の介助犬プログラムで出合ったチューズデーだった。最初は行動力に満ちたボス犬を望んでいたのだが、トレーナーに見捨てられていたチューズデーを知的で思いやりにあふれる犬に戻すことが自分の責務だと感じた。それまで酔いつぶれなければ眠れなかったのに、チューズデーと一緒にベッドに入った日、彼はほどなく眠りに落ちた。

 介助犬との出合いで人生を取り戻した軍人がつづるノンフィクション。(並木書房 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  2. 2

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  3. 3

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

  6. 6

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  7. 7

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  8. 8

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

  9. 9

    楽天⇔ロッテ名簿交換 プロテクト漏れが噂される意外な2人

  10. 10

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る