「チューズデーに逢うまで」ルイス・モンタバン著 加藤喬訳

公開日: 更新日:

 モンタバン大尉はイラク戦争のとき、目の前でテロリストが自爆するのを見た。帰還後、狙撃兵の幻を見たり、広場恐怖症などPTSDに悩まされていた。そんな彼を救ってくれたのは、復員兵支援団体の介助犬プログラムで出合ったチューズデーだった。最初は行動力に満ちたボス犬を望んでいたのだが、トレーナーに見捨てられていたチューズデーを知的で思いやりにあふれる犬に戻すことが自分の責務だと感じた。それまで酔いつぶれなければ眠れなかったのに、チューズデーと一緒にベッドに入った日、彼はほどなく眠りに落ちた。

 介助犬との出合いで人生を取り戻した軍人がつづるノンフィクション。(並木書房 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  2. 2

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  3. 3

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  4. 4

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  5. 5

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  6. 6

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  7. 7

    経済を揺るがす関電問題&前厚労政務官口利き疑惑も追及を

  8. 8

    新制度開始直前 前代未聞だった「全高長」の導入延期要請

  9. 9

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  10. 10

    ジョセフHC契約延長も…ラグビー日本は守備コーチ残留せず

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る