日本史トリビア編

公開日: 更新日:

「江戸の卵は一個四〇〇円!」丸田勲著

 江戸時代において不倫は犯罪で、不倫した男女は共に死罪になったが、あまりに件数が増えたために金銭罰にかえられた。

 その額は一律で、現在の96万円に相当する大判1枚だったそうだ。

 その他、男根を模した最高級品のアダルトグッズが89万6000円、江戸の風俗産業である花魁との床入りまでには飲食代・ご祝儀代を含めて合計約500万円、江戸っ子の憧れ“お伊勢参り”の総額費用は28万円、江戸の文化・文政期の諸物価を円に換算して解説。読めば江戸っ子の生活が身近になり、落語や時代劇、時代小説をより楽しめるようになる一冊。(光文社 620円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る