• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

書き下ろしミステリー編

「彼女の遺言」新津きよみ著

 主婦の宏美は、早世した親友の啓子の遺品を受け取る。箱から出てきたのは実験ノートと彼女の祖母の手製の梅酢が入った瓶だった。同封の手紙を読むと、小学生時代の2人が共同研究したように梅酢に10円玉を浸すと、硬貨に刻まれた製造年にタイムスリップできるという。ノートには研究職だった啓子がタイムスリップの最適の方法を得るために試行錯誤した跡が記されていた。

 戻ってみたい過去などない宏美だが、後悔していることがひとつだけあった。1年前に長男の清志の結婚を許してしまったことだ。嫁の早苗が、優しい清志につけ込み、暴力をふるっていることを確信した宏美は、1年前に戻ってある計画を実行する。

 切なくも余韻が残る長編サスペンス。(角川春樹事務所 640円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  8. 8

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る