書き下ろしミステリー編

公開日: 更新日:

「彼女の遺言」新津きよみ著

 主婦の宏美は、早世した親友の啓子の遺品を受け取る。箱から出てきたのは実験ノートと彼女の祖母の手製の梅酢が入った瓶だった。同封の手紙を読むと、小学生時代の2人が共同研究したように梅酢に10円玉を浸すと、硬貨に刻まれた製造年にタイムスリップできるという。ノートには研究職だった啓子がタイムスリップの最適の方法を得るために試行錯誤した跡が記されていた。

 戻ってみたい過去などない宏美だが、後悔していることがひとつだけあった。1年前に長男の清志の結婚を許してしまったことだ。嫁の早苗が、優しい清志につけ込み、暴力をふるっていることを確信した宏美は、1年前に戻ってある計画を実行する。

 切なくも余韻が残る長編サスペンス。(角川春樹事務所 640円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  5. 5

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  6. 6

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  7. 7

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  10. 10

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る