書き下ろしミステリー編

公開日:  更新日:

「彼女の遺言」新津きよみ著

 主婦の宏美は、早世した親友の啓子の遺品を受け取る。箱から出てきたのは実験ノートと彼女の祖母の手製の梅酢が入った瓶だった。同封の手紙を読むと、小学生時代の2人が共同研究したように梅酢に10円玉を浸すと、硬貨に刻まれた製造年にタイムスリップできるという。ノートには研究職だった啓子がタイムスリップの最適の方法を得るために試行錯誤した跡が記されていた。

 戻ってみたい過去などない宏美だが、後悔していることがひとつだけあった。1年前に長男の清志の結婚を許してしまったことだ。嫁の早苗が、優しい清志につけ込み、暴力をふるっていることを確信した宏美は、1年前に戻ってある計画を実行する。

 切なくも余韻が残る長編サスペンス。(角川春樹事務所 640円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

もっと見る