怪奇・魔界編

公開日: 更新日:

「怪奇恋愛作戦」丹沢まなぶ著

 人間は、人知の及ばぬ怪奇や超常現象に恐れを抱くとともに、強く引かれる。ゆえにそれはいつの時代も物語の一ジャンルを確立してきた。今回は怪奇・魔界をテーマにした4冊を紹介する。

 カフェのオーナーを夢見る夏美、売れない女優の冬、そして定時制の音楽教師秋子の3人は20年来の友だち。不動産屋にだまされた上にフィアンセに逃げられた夏美を筆頭に、それぞれ、仕事も恋もうまくいかず、くすぶった日々を送っている。

 一方、夏美の幼馴染みの刑事・三階堂は、死刑執行後に消えた豪田死刑囚の遺体の行方を追う。管内では犯人が豪田にそっくりな宝石強盗事件も発生。強盗は、巡査らの銃弾を受けながら逃走していた。そんな中、夏美が何者かに拉致される。犯人は豪田にそっくりだった。(「21世紀のフランケンシュタイン」)

 ケラリーノ・サンドロヴィッチ脚本の同名ドラマのノベライズ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  7. 7

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  8. 8

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  9. 9

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  10. 10

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

もっと見る

人気キーワード