日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「芥川賞の謎を解く全選評完全読破」鵜飼哲夫著

 文学賞の代名詞である芥川賞が誕生して80年。選考委員は常に文学としての新しさを追求し、時に激しい議論を戦わせてきた。本書は、全152回、1400以上の選評から、その選考の舞台裏や名作が生まれた背景に迫る文学読み物。

 芥川龍之介に傾倒していた太宰治は、その名を冠した賞の受賞に執着するが果たすことができなかった。最年少選考委員の川端康成の選評に激怒した太宰は、雑誌で反論し、川端を「大悪党」と罵倒、「刺す」とまでつづっている。

 その他、受賞が社会的事件となった石原慎太郎の「太陽の季節」や最年少受賞者・綿矢りさ「蹴りたい背中」など、選評から日本の文学史を読み解いていく。(文藝春秋 830円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事