• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「芥川賞の謎を解く全選評完全読破」鵜飼哲夫著

 文学賞の代名詞である芥川賞が誕生して80年。選考委員は常に文学としての新しさを追求し、時に激しい議論を戦わせてきた。本書は、全152回、1400以上の選評から、その選考の舞台裏や名作が生まれた背景に迫る文学読み物。

 芥川龍之介に傾倒していた太宰治は、その名を冠した賞の受賞に執着するが果たすことができなかった。最年少選考委員の川端康成の選評に激怒した太宰は、雑誌で反論し、川端を「大悪党」と罵倒、「刺す」とまでつづっている。

 その他、受賞が社会的事件となった石原慎太郎の「太陽の季節」や最年少受賞者・綿矢りさ「蹴りたい背中」など、選評から日本の文学史を読み解いていく。(文藝春秋 830円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る