「同性にモテる技術」内藤誼人著

公開日: 更新日:

 人生をバラ色に変えるための近道となる、同性からモテるための方法を説いた生き方本。

 もちろんこの場合の“モテる”とは同性愛的な意味ではなく、上司には目をかけられ、後輩には慕われ、同僚には頼られ、顧客には信用されるということ。欠点だらけの人物だった思想家のモンテーニュが、ボルドー市長を務めた例などを挙げ、欠点を抱えているほうが好感度が高くなると説く。またシャイな人は、実はものすごく人気者になれる可能性があるとも。さらに、嫌なことをされたら、怒りで反応するより、こちらに非があることを認めることで、相手に罪悪感を与えるなどのテクニックまで。「人間関係の能力」を磨くための極意が満載。(中央公論新社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  8. 8

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

もっと見る

人気キーワード