「同性にモテる技術」内藤誼人著

公開日:  更新日:

 人生をバラ色に変えるための近道となる、同性からモテるための方法を説いた生き方本。

 もちろんこの場合の“モテる”とは同性愛的な意味ではなく、上司には目をかけられ、後輩には慕われ、同僚には頼られ、顧客には信用されるということ。欠点だらけの人物だった思想家のモンテーニュが、ボルドー市長を務めた例などを挙げ、欠点を抱えているほうが好感度が高くなると説く。またシャイな人は、実はものすごく人気者になれる可能性があるとも。さらに、嫌なことをされたら、怒りで反応するより、こちらに非があることを認めることで、相手に罪悪感を与えるなどのテクニックまで。「人間関係の能力」を磨くための極意が満載。(中央公論新社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    メジャー評価は根尾より上 小園海斗の身体能力はケタ違い

もっと見る