「同性にモテる技術」内藤誼人著

公開日: 更新日:

 人生をバラ色に変えるための近道となる、同性からモテるための方法を説いた生き方本。

 もちろんこの場合の“モテる”とは同性愛的な意味ではなく、上司には目をかけられ、後輩には慕われ、同僚には頼られ、顧客には信用されるということ。欠点だらけの人物だった思想家のモンテーニュが、ボルドー市長を務めた例などを挙げ、欠点を抱えているほうが好感度が高くなると説く。またシャイな人は、実はものすごく人気者になれる可能性があるとも。さらに、嫌なことをされたら、怒りで反応するより、こちらに非があることを認めることで、相手に罪悪感を与えるなどのテクニックまで。「人間関係の能力」を磨くための極意が満載。(中央公論新社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  4. 4

    森喜朗の正論にIOCが無理難題 やめたやめた!五輪返上!

  5. 5

    格差広げる中高一貫校 子供の未来は12歳で決まってしまう

  6. 6

    FA美馬&鈴木獲りで“金満”原監督「人的補償は敵」の大放言

  7. 7

    物事の本質触れず都合のいい数字だけ持ち出す「安倍語法」

  8. 8

    エロス全開でも恋愛封印…田中みな実が抜け出せない“過去”

  9. 9

    鈴木・美馬・福田を過大評価…凶作FAに大枚はたく球界の愚

  10. 10

    巨人1位・堀田賢慎 花巻東出身の父が青森山田進学に後押し

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る