「世阿弥の世界」増田正造著

公開日:  更新日:

 能の完成者にして、その芸術理論が現代のさまざまな分野に影響を与えている世阿弥の作品と精神を読み解く能入門書。

 世界に現存する最古の演劇である能は、600年以上にわたって演じ継がれてきた。鬼夜叉と名乗り希代の美少年だった世阿弥は、父・観阿弥とともに舞台に立った折に将軍・足利義満の目に留まり、その寵童となって最高の教育を受ける機会に恵まれた。長じて世阿弥は、「死」の視点から「生」の時間を眺めるという逆転の発想による「夢幻能」という最大の「発明」に至った。

「井筒」などの代表作や、秘伝書「風姿花伝」などを解説しながら、その作劇術や芸術論の神髄に迫る。(集英社 760円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る