• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「世阿弥の世界」増田正造著

 能の完成者にして、その芸術理論が現代のさまざまな分野に影響を与えている世阿弥の作品と精神を読み解く能入門書。

 世界に現存する最古の演劇である能は、600年以上にわたって演じ継がれてきた。鬼夜叉と名乗り希代の美少年だった世阿弥は、父・観阿弥とともに舞台に立った折に将軍・足利義満の目に留まり、その寵童となって最高の教育を受ける機会に恵まれた。長じて世阿弥は、「死」の視点から「生」の時間を眺めるという逆転の発想による「夢幻能」という最大の「発明」に至った。

「井筒」などの代表作や、秘伝書「風姿花伝」などを解説しながら、その作劇術や芸術論の神髄に迫る。(集英社 760円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  3. 3

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  4. 4

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  7. 7

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  8. 8

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  9. 9

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  10. 10

    6年ぶりV逃した有村智恵の衰え…再三のチャンス決められず

もっと見る