「ヒトラー対スターリン悪の最終決戦」中川右介著

公開日: 更新日:

 第2次世界大戦の主役はナチス・ドイツで、その最大の敵はソ連のスターリンだったとする著者が、独ソ戦の詳細を描いた歴史読み物。

 第1次世界大戦までさかのぼり、ドイツ軍の上等兵として参戦していたヒトラーと、彼より11歳上で革命運動の闘士として流刑の身だったスターリンが、権謀術数と粛清を駆使して独裁体制を確立するまでを克明にたどる。一度も会ったことはないが、お互いに自分に似た「悪いやつ」だと認め合っていた2人が、独ソ不可侵条約を結んだそれぞれの思惑から、民間人を含め4000万人も犠牲になったといわれる独ソ戦の全貌まで。文献資料を基に、独裁者の心理を分析しながらその戦いを描く。

(KKベストセラーズ 870円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  8. 8

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  9. 9

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

  10. 10

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

もっと見る

人気キーワード