• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ヒトラー対スターリン悪の最終決戦」中川右介著

 第2次世界大戦の主役はナチス・ドイツで、その最大の敵はソ連のスターリンだったとする著者が、独ソ戦の詳細を描いた歴史読み物。

 第1次世界大戦までさかのぼり、ドイツ軍の上等兵として参戦していたヒトラーと、彼より11歳上で革命運動の闘士として流刑の身だったスターリンが、権謀術数と粛清を駆使して独裁体制を確立するまでを克明にたどる。一度も会ったことはないが、お互いに自分に似た「悪いやつ」だと認め合っていた2人が、独ソ不可侵条約を結んだそれぞれの思惑から、民間人を含め4000万人も犠牲になったといわれる独ソ戦の全貌まで。文献資料を基に、独裁者の心理を分析しながらその戦いを描く。

(KKベストセラーズ 870円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  8. 8

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

もっと見る