「ヒトラー対スターリン悪の最終決戦」中川右介著

公開日:  更新日:

 第2次世界大戦の主役はナチス・ドイツで、その最大の敵はソ連のスターリンだったとする著者が、独ソ戦の詳細を描いた歴史読み物。

 第1次世界大戦までさかのぼり、ドイツ軍の上等兵として参戦していたヒトラーと、彼より11歳上で革命運動の闘士として流刑の身だったスターリンが、権謀術数と粛清を駆使して独裁体制を確立するまでを克明にたどる。一度も会ったことはないが、お互いに自分に似た「悪いやつ」だと認め合っていた2人が、独ソ不可侵条約を結んだそれぞれの思惑から、民間人を含め4000万人も犠牲になったといわれる独ソ戦の全貌まで。文献資料を基に、独裁者の心理を分析しながらその戦いを描く。

(KKベストセラーズ 870円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る