「格差大国アメリカを追う 日本のゆくえ」中原圭介氏

公開日:  更新日:

「アベノミクスはアメリカの政策の後追いでしかなく、このままいけば日本の格差は拡大の一途をたどり、雇用を死守してきた企業の健全な経営も破壊されかねません」

 こう警鐘を鳴らす著者は、インフレと金融緩和、自由競争の大義の下でアメリカが陥っている惨状を解説。アベノミクスが今後の日本にもたらす危機を明らかにしている。

「低迷を続ける世界経済の中で、アメリカはGDPなどの経済指標は非常に好調です。ところが、世帯所得別のデータを見てみると、アメリカの経済成長は所得の下位60%の世帯にはほとんど還元されていないことが分かります。対して、上位5%の富裕層の所得の伸び率がもっとも高いという、格差の拡大が顕著になっています」

 ひと握りの高所得者だけが豊かになり、庶民の家計は苦しくなるばかり。このような事態を招いた原因のひとつに、インフレ政策が挙げられる。アメリカの消費者物価は、2000年から13年間で35%以上も上がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る