「読んだら忘れない読書術」樺沢紫苑氏

公開日:  更新日:

 ある本を読んで「面白かった」という印象は持っても、どんな言葉が心に残り、どのあたりが役に立ったかと聞かれると、明確には答えられない人が多い。おそらく何時間もかけて読んだであろう本の内容を“何となく”でしか覚えていないとは、これほどもったいないことはない。

「覚えていないということは知識として定着していないということであり、簡単に言ってしまえばその読書は何の役にも立っていないことになります。このような読書をしていては、年間100冊読んだとしても自己成長にはつながりません」

 本書では、“読んだつもり”で終わらせない、忘れないための読書術を伝授している。

 大切なのは、内容の“アウトプット”を行うことだ。さまざまな脳科学研究を集約すると、最初のインプットから7~10日以内に3~4回アウトプットすることで、情報が脳に定着するそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  6. 6

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  7. 7

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  8. 8

    石原さとみ結婚or破局? 報道が“真っ二つ”に分かれるワケ

  9. 9

    専門家が解説 空き家処分で悩んだら「3つの選択肢」から

  10. 10

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

もっと見る