「世を捨てれば楽になる」北杜夫著

公開日: 更新日:

 2011年に亡くなった著者の傑作エッセーを編んだ作品集。

 肺炎で入院生活を送ってもたばこがやめられず、何とか家にたばこを持ち込もうとする自分とそれを阻止しようとする妻との攻防。老化現象で自己抑制がきかなくなりウナギ屋にカンシャクを起こし、自分でウナギ屋を開いて「あの店をつぶしてやろうと」さえ本気で考えたという話。そして晩年の父親(斎藤茂吉)と過ごしたひと夏の思い出、など。

 老いの境地を語った章をはじめ、芥川賞を受賞した「夜と霧の隅で」の執筆に苦労した体験から身についた「シメキリ恐怖症」などの執筆奮闘記、さらに身近な家族や食にまつわる話題まで、ユーモアに包んでつづられる「マンボウ節」に心の凝りがほぐされる。(河出書房新社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  4. 4

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  5. 5

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  8. 7

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  9. 8

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    テラハ問題で木村花さん母が告発 フジ“ヤラセ教唆”の罪深さ

もっと見る