「世を捨てれば楽になる」北杜夫著

公開日:  更新日:

 2011年に亡くなった著者の傑作エッセーを編んだ作品集。

 肺炎で入院生活を送ってもたばこがやめられず、何とか家にたばこを持ち込もうとする自分とそれを阻止しようとする妻との攻防。老化現象で自己抑制がきかなくなりウナギ屋にカンシャクを起こし、自分でウナギ屋を開いて「あの店をつぶしてやろうと」さえ本気で考えたという話。そして晩年の父親(斎藤茂吉)と過ごしたひと夏の思い出、など。

 老いの境地を語った章をはじめ、芥川賞を受賞した「夜と霧の隅で」の執筆に苦労した体験から身についた「シメキリ恐怖症」などの執筆奮闘記、さらに身近な家族や食にまつわる話題まで、ユーモアに包んでつづられる「マンボウ節」に心の凝りがほぐされる。(河出書房新社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  7. 7

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  8. 8

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  9. 9

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  10. 10

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

もっと見る