「悪政と闘う」鎌田慧著

公開日:  更新日:

 かつては「忍び寄るファシズム」といわれたが、現在、安倍首相は正面突破を狙っている。自衛隊を軍隊に変えようというのは〈自衛隊〉を〈米衛隊〉にするということなのか。国防軍をつくると言いだした背景には尖閣諸島をめぐる中国とのトラブル、竹島をめぐる韓国とのトラブルがあり、安倍首相はそれを利用して憲法改正を進めようとしている。これは国際紛争を武力によって解決しないという日本国憲法の精神に反している。「軍隊縮小の理想を語らない政治家など、魂のない操り人形」だと、著者は断言する。(国防軍創設の野望)

「東京新聞」掲載のコラム111編と講演や評論57編を収録。(コールサック社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る