「悪政と闘う」鎌田慧著

公開日: 更新日:

 かつては「忍び寄るファシズム」といわれたが、現在、安倍首相は正面突破を狙っている。自衛隊を軍隊に変えようというのは〈自衛隊〉を〈米衛隊〉にするということなのか。国防軍をつくると言いだした背景には尖閣諸島をめぐる中国とのトラブル、竹島をめぐる韓国とのトラブルがあり、安倍首相はそれを利用して憲法改正を進めようとしている。これは国際紛争を武力によって解決しないという日本国憲法の精神に反している。「軍隊縮小の理想を語らない政治家など、魂のない操り人形」だと、著者は断言する。(国防軍創設の野望)

「東京新聞」掲載のコラム111編と講演や評論57編を収録。(コールサック社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  2. 2

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  6. 6

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  9. 9

    巨人50勝一番乗り&リーグ貯金独り占めで「CS不要論」再燃

  10. 10

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る